恋愛でうまい立ち位置にいるためにもLINEや会ったときなどの言葉は気を付ける!

MENU

メッセで発言しやすいNGワード

バツの札を出す男性の画像

 

メッセでのNGワードは数多く存在する。まず、早い段階でガツガツした姿勢を見せることのないようにすることが重要である。

 

「会いたい。」「胸は何カップ?」「エッチは好き?」などは絶対に避けなければならない。セクシャルな話は、女性から言わせるようにうまく引き出すことが求められる。

 

そのためには多少の話術が必要である。

 

大切なことは、女性のほうから言わせることなので、女性からの言葉を引き出すような話の進め方をすれば良い。

 

頻繁にメッセのやり取りをしてくれる女性であれば、常に女性からの返信をイメージしながら自分から送るメッセを作り上げることで、ある程度思い通りの展開にもっていくことができる。

 

ただ、一日に数回のメッセのやり取りしかできない女性はそれが難しい。

 

時間が経っていくと焦りが生まれるので、どうしても気持ちを抑えきれなくなってしまい、NGワードに手を出してしまいやすい。そのような場合であっても、グッと堪えて踏み込んだ言葉は女性から言わせるように仕向け続けることが必須条件である。

 

相手から上手く引き出すことができれば、相手の方から積極的になってきた証拠なので、その後の展開が楽になる。

 

自分からガツガツしてしまうと女性側が引いてしまうため、成功する確率が極端に低くなってしまうのである。

 

しかし、女性のほうが積極的になっていれば、あとは同意と感謝の言葉だけで十分になる。

 

一般的な恋愛においては、多少強引な姿勢であってもなんとかなるものだが、全く知らない他人という立ち位置から関係が始まっているので、力技では通用しないのである。

 

また、性に対して積極的な女性かどうかを見極めることにもつながるので、女性の方からセクシャルな話を引き出すことができれば、半分勝負は決まったようなものである。

 

会う前に一度でもセクシャルな話をしておけば、会った時に話をもって行きやすくなるので、ホテルはもう目の前だと言える。