自分都合に、身体の関係、遊ぶ関係などにするのが男の願望である。

MENU

本気になられた時の対処方法

 

連絡を一切遮断してしまうことが最もシンプルな方法であるが、それでは関係が終わってしまうので最善の選択ではない。
セフレのような感覚で関係を作っていた相手を失ってしまうのはもったいない。

 

セックスをしていると、どうしても相手のことを好きになってしまう。
それは男性にとっても同じことだが、それを恋愛に発展させるかどうかは別の問題である。

 

ある意味では、好きな相手でないとセックスは出来ないので、日常的にセックスをしている段階で、いつ恋愛に発展してしまってもおかしくはないのである。

 

ここで言う『好き』は、抱ける抱けない、抱かれたい抱かれたくないの感覚なので、乙女チックな方々の言う好きとは本質的に異なる。

 

セフレは、好きな相手と都合のいい関係を作るためのものなのである。
付き合ってしまうと面倒になることが多く、時間的なものや人間関係において多少の束縛が生じるので、それを避けるためのセフレである。

 

セフレとしての関係であったものが、それでは満足できなくなり、付き合いたいと言ってくるのである。それが意味するものは、寂しさである。
それによって、『自分のものにしたい』と思われてしまうのだ。

 

ただ、そうなってしまっても動じることはない。
女性の感情に変化が生まれたところで、実際は何も変わらないのである。

 

本気になられたら面倒くさいと感じる方がほとんどであると思うが、実は面倒くさいことは全くないのである。付き合ってしまったら面倒くさくなるのであって、そうならなければ面倒にはならないという意味である。

 

そのため、相手が本気になっても、ただひたすらかわし続ければ良い。何を言っていても、「考えとくね。」を筆頭に、はぐらかす言葉でうやむやにし続けていれば良い

 

ホストの画像

 

女性に愛されたままはぐらかし続けることが求められる職業に、ホストがある。彼らから学べばよいのだ。
ホストはその点において誰よりも上手くやっている。

 

ホストになったつもりでかわし続ければ、セフレとの関係を保ち続けることができる。

 

後腐れのない関係を保つ方法とは?