InstagramやTwitterなどのSNSを利用してセフレをGETすることは可能なのか?

MENU

SNSで出会うのが主流?

ツイッターやインスタグラムなど、SNSで出会いを探す方法もあります。
相手の情報や価値観が分かることも多く、共感を持つ場合も少なくないのです。
では、SNSで出会うのが主流になってるのでしょうか?

 

10代や20代の女性はSNSからの出会いをどう感じているのか見てみましょう。
実際にセフレをゲットできるのかについても触れてみたいと思います。

 

主流SNSマーク

 

まず、SNSから出会いに発展するのは難しいと言っておきます。
仮に出会いまで繋がったとしてもセフレになるのは困難なのです。
10代から30代の女性にアンケートを行った結果、SNSから恋愛に発展するのは78%が「あり」だと回答しています。
つまり、現代においてSNSでの出会いはかなり好意的に受け入れられているのです。

 

ですが、これがヤリ目になると状況は一変します。
恋人として特定の誰かを口説くのならSNSの利用は問題無いでしょう。
しかし、コスパ重視のセフレを作りを行うのにSNSは不向きだと言えます。
出会い系サイトと異なり、そもそも相手の女性の大半が出会いを求めていないからです。
いきなり口説いてもブロックされてしまうでしょうし、ゆっくり親睦を深めて行くのは根気が必要です。
女性と年齢差があると会話が噛み合わないケースも出て来てしまいます。

 

SNSはネットの表舞台、要するに人目が多い場所なのもデメリットです。
変なアプローチを掛けてしまうとSNSで晒されてしまう恐れもあるでしょう。
魅力的な女性が多い反面、出会いを目的にした活動には不向きだと考えておいてください。

 

恋愛思考が高い女性

ただし、SNSで出会いが成功することもあるので、一概にダメだとは言えません。
恋愛をしたい女性、恋人を探している女性にアプローチを掛けるのはありでしょう。
お互いの目的が一致したならSNSであっても出会いは成立します。

 

ちなみに、未成年に対するアプローチは絶対に止めておきましょう
出会い系と違って未成年も利用しているのがSNSの特徴です。
近年では警察がサイバーパトロールを強化しており、男性が住所を特定されて書類送検された事例も存在します。
基本的に男性側の罪が重くなりますし、社会的な評価も悪くなるので気を付けてください。

 

結論としては、SNSで出会いを探すことも可能だがコスパが悪い、となります。
やはりセックスを視野に入れた出会いを探す人が集まる出会い系サイトやアプリの方が効率は良くなるでしょう。
出会い系アプリなどでも美人はいますし、根気よく探せば出会える確率はあります。
SNSで出会うのが主流という意見もありますが、それはあくまでも恋人探しがメインになります。
セフレやヤリ目なら出会い系サイトの方がおすすめです。
性欲や欲求不満をセックスで解消したいなら、効率やコスパを重視するべきです。

 

エロ出会い系アプリの男女年齢別利用率